つながる,から 始まる
就労移行支援事業所 シャローム 所沢・和光
シャローム所沢専用受付 050-6865-3013 受付時間 10:00~17:00(月~土)
シャローム和光専用受付 050-6865-6816 受付時間 10:00~17:00(月~土)

ホーム

ごあいさつ

就労移行支援事業所とは

就職までの流れ

各種フォローサービス

利用のご案内

よくある質問

就労移行支援事業所 シャローム 所沢・和光

就職までの流れ

就職までの流れ

専門スタッフがあなたに合ったカリキュラムを作成し、ていねいにサポートいたします。

相談・援助

・ご本人の心身状態確認
・ご本人の希望を確認
・ご家族の希望について
・適切な相談・助言
・必要な支援の計画と実行

訓練

・パソコン業務・軽作業
・自己分析
・ストレスコントロール
・就職活動準備・訓練
・コミュニケーション力向上
・ビジネスマナー
・実務訓練
・通勤訓練
・各種資格取得
訓練時間について
事業所の訓練時間は毎週月曜日~土曜日の10:00~15:00です。祝日も基本的に開所しております。
訓練スケジュールはスタッフと相談しながら、ご自身の体調やペースに合わせて決めることもできます。
訓練はお一人おひとり個別のカリキュラムで進めていきます。
カリキュラムは個別支援計画に基づいて作成いたしますが、状況に応じていつでも見直しをいたします。

企業体験実習

・就労体験(一般企業・A型)
・就労までの課題確認や目標設定
・自分に合う職種の発見
・面接同行
・希望職種の再確認
・職場実習

就職活動

・ハローワーク同行
・応募書類添削
・模擬面接
・支援機関登録サポート・連携
・就労先開拓
・各企業や業種の職場環境を確認

就職

就労定着支援

就労定着支援について
新しい環境で働き出した皆様が不安なく、働き続けることができるよう、各種機関と協力し、皆様のサポートを行います。
もし、就労後に悩みなどが出てきたら、いつでもシャロームに遊びに来てください。私たちはいつでもあなたの味方です。

一人ひとりの就職までのプロセス

利用開始1カ月後

Aさんの場合
(うつ病・吃音障害・男性・36歳)

10-11
11-12
12-13
13-14ウォーキング
14-15コミュニケーションワーク
Aさんは、人との関わりが苦手なため、午後から週3日の利用を行い、ウォーキングとコミュニケーションの個別ワークを中心に取り組むことにしました。

Bさんの場合
(統合失調症・女性・29歳)

10-11タイピング
11-12グループワーク
12-13昼食
13-14パソコン学習
14-15イベント参加
  Bさんは、週4日、午前中の利用から始め、計算が得意だったことから調剤事務の勉強に取り組むことにしました。ストレスを感じやすいため、ストレスコーピングもやってみています。

Cさんの場合
(高次脳機能障害・男性・60歳)

10-11調剤事務学習
11-12ストレスコーピング
12-13
13-14
14-15
体力に自信のあるCさんは、希望職種がはっきりしていたため、手のリハビリも兼ねてタイピングを多く練習しながらパソコン学習に毎日取り組み、スキルアップを図っています。

半年後

Aさんの場合
(うつ病・吃音障害・男性・36歳)

10-11作業訓練
11-12職業評価
12-13昼食
13-14ウォーキング
14-15コミュニケーションワーク
人との関わりに慣れてきたAさんは、コミュニケーション力をさらに高めるためにグループワークに参加。また、適職を探すために、職業訓練センターの職業評価を受けるワークにも参加しています。

Bさんの場合
(統合失調症・女性・29歳)

10-11保育学習
11-12保育学習
12-13昼食
13-14グループワーク
14-15イベント参加
  週4日終日利用にチャレンジ。学習を進めていくうちに、自分の本当にやりたいことが保育であったことに気づき、方向を変えて保育学習に取り組むことにしました。ストレスコーピングの効果が表れ始め、上手に気持ちをコントロールできるようになってきています。

Cさんの場合
(高次脳機能障害・男性・60歳)

10-11求人検索
11-12タイピング
12-13昼食
13-14パソコン学習
14-15パソコン学習
MOSの資格を取得しながら計画的にパソコン学習を進めています。同時に求人検索を毎日行い、応募先をイメージしながら履歴書作成と面接練習を重ねています。

1年半後

Aさんの場合
(うつ病・吃音障害・男性・36歳)

10-11企業見学・実習
11-12企業見学・実習
12-13企業見学・実習
13-14履歴書作成・面接練習
14-15振り返り・個別面談
自分の適職がわかったAさんは、いくつかの企業の見学や実習に参加を重ね、実習が終わる度に振り返りを実施。自分に一番合う企業を探し続けています。 

Bさんの場合
(統合失調症・女性・29歳)

10-11保育学習
11-12保育学習
12-13昼食
13-14求人検索
14-15履歴書作成・面接練習
  週4日の通所を続けていく中で、このペースが体調維持に一番良いことに気づき、仕事もこのペースで働くことに決定。パートの保育補助求人を探しチャレンジしてみています。  

Cさんの場合
(高次脳機能障害・男性・60歳)

10-11求人検索
11-12履歴書作成・面接練習
12-13昼食
13-14応募またはパソコン学習
14-15イベント参加
PCのスキルアップを更に図りながら面接練習を重ねています。応募を繰り返す中で、自分の強みの再認識やアピールの仕方の練習・改善点の克服に努めています。

それぞれのその後

Aさんの場合
(うつ病・吃音障害・男性・36歳)

Aさんは、間もなく2年を迎える頃に、実習先で最も自分に合い、職場環境が良かった運輸会社に就職し、居心地の良く働いています。

Bさんの場合
(統合失調症・女性・29歳)

Bさんは、間もなくパートの保育補助ができる保育園に就職。働くペースを変えないまま、やりがいを感じながら元気に働き続けています。 

Cさんの場合
(高次脳機能障害・男性・60歳)

その後も苦戦しながらも応募を繰り返し、見事、設備管理も行う事務職に就職。強みを活かして働いています。
就労移行支援事業所 シャローム に関するお問い合わせは、お電話またはフォームよりお気軽にご連絡ください。
シャローム所沢専用受付
050-6865-3013 受付時間 10:00~17:00(月~土)
シャローム和光専用受付
050-6865-6816 受付時間 10:00~17:00(月~土)

〒359-0037 埼玉県所沢市くすのき台3-18-4 所沢K・Sビル4F
一般財団法人福祉教育支援協会